5万で食費、ガソリン費、日用品、娯楽費

標準

私は結婚して、憧れだった専業主婦になりました。この結婚に至るまでの婚活期間が非常に長く、主人からプロポーズされた時は「やったぁ、寿退社」と喜んだのを覚えています。

しかし、私達夫婦はお見合い結婚。主人の給料をはっきり言って、知らなかったのです。なんと低所得者でした。しかも、主人の給料を私が管理するものと思っていたら、5万円渡されて「これで1ヶ月やってくれ」と言われました。衝撃でした。

5万で食費、ガソリン費、日用品、娯楽費…その他もろもろ。私にはどうしても無理!困ったと思いました。自由になるお金がなくて、困るのは初めてです。

こんな事なら会社を辞めるべきではなかったと、後悔の日々です。辞めた会社は契約社員でしたが、名の知れた大企業。兄が「今の会社を結婚しても続けろ」と言っていたのを、今頃思い出します。

主人とも相談し、家庭に迷惑をかけない程度の短時間パートをする事にしました。しかも、前の会社とは全く違う職種。最初は戸惑いもありましたが、頑張りました。そしたら、1ヶ月5万円程度になりました。主人のと合わせると10万円の生活費です。

やはり物価は上がる一方ですし、安易に仕事を辞めるべきではないですね。でも今の仕事を大切にしてこれからもやっていきたいと思います。

飛ぶお札

パチンコにはまりすぎて貯金が底をつく

標準

これは私が独身時代の話です。

当時、私が大学を卒業し就職して半年くらいたったころ、給料が入ることで自分で自由に使えるお金ができたことで私は有頂天になっていました。

一人暮らしをしていたのでお金をどのように使おうが親からは何も言われませんし、社会人になったことで自分自身になにか根拠のない自信が生まれていたのです。そして、たまたま入ったパチンコ屋でパチンコを覚えてからは仕事終わりや週末に毎日のようようにパチンコ通いをするようになりました。

はじめのうちは、パチンコにも勝って好きなものを食べたり買ったりして楽しんでいたのですが、もちろん勝ちはそう長くは続きません。パチンコを初めて数カ月後には、貯金に手を出しはじめ、最終的には貯金も底をつき、給料の中からパチンコ代を出すように。

そして、ついに給料日までまだ何日もあるにもかかわらず、手持ちのお金をすべてパチンコにつぎ込んでしまい所持金がなくなってしまいました。

親に電話してみたものの、さすがに社会人になった以上、お金を貸してくれとは言えず、元気で仕事してるよと言って電話を切ってしまいました。

しかし、お金はなく、食事もできない状況であったため、仕方なく家にある売れるものをほとんど売りさばきその月の生活はしのぎました。その後は、結婚を考えていた彼女もいたことから、パチンコに行くことは辞め、お金が底を尽きることはなくなりました。

スロット