ガス代を節約するちょっとしたポイント

主婦の方ならご飯を作る時に、大きな鍋で豚汁やスープといった汁物や、カレーやシチューやハヤシライスのメインや、筑前煮やモツ煮などの煮物を大量に作る事があると思います。これらの料理を作るだけでも量が多ければ多いほどかなりガスを使う事になります。作り置きをしている場合、いざ食べようとなると毎食鍋を火にかけなければなりません。温まるまで時間がかかる上にガス代がまたここでかかってしまいます。

電子レンジのドアを開ける手

そこで私は食べる分だけお皿に盛り、ラップをかけてレンジにかけて温めるようにしています。5分以上ガスをつけているよりも、レンジで1、2分で温めた方が節約になるからです。この方法を夫にも実践してもらいたいと思い伝える内容を考えました。夫の性格が人から指図を受けその通りに行動することを嫌い、効率よく動く後の事を考えて行動するタイプ。

なので、ガス代もったいないからレンジで温めてよ。と指示をする言い方は夫の意に反する可能性がある為、「ガスを使って5分以上も鍋をかき混ぜながらひたすら温めているよりも、ラップして2分レンジで温めるだけで楽だよ。その間ビールを飲んで待っていられるよ。細かい事だけどこれでガス代が◯円浮く事になるんだよ。」のように、夫がこの行動をとる事によっていかに効率が良いか、重ねて節約にもつながっている内容を伝えます。決してマイナス行動ではないんだよという感じで伝えると、夫も意味を理解してくれるし悪い気を感じずに行動してくれるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)