プログラミング関係書籍を安く無駄なく購入する

私はよく本を買います。特に最近はプログラミング系の新刊を買うことが多いのですが、私が安く内容のあるいい本を買う為にしているのが、必ずレビューのチェックをすることです。

開いた本amazonのプログラミング関係の書籍のレビューは結構精度が良く、厳しいことも書かれています。そのレビューを必ずチェックして、自分の欲しくなかった本に無駄にお金を使わないようにします。特にプログラミング系の書籍の場合、レビューでは「どんなレベルの人が読むといいか」という観点で書かれていることも多いので非常に参考になり、無駄金を使わずに済むのです。

amazonのレビューだと、たまに「サイトでも無料で公開されている」という情報もありますから、そうなると0円です。また、新刊でも早い時期に中古本で安く買える時もあるので便利です。中古でamazonからの発送でない場合でも、割と早く届きます。電子書籍でも買える時もあるので、アナログ本よりも安く買えます。

新刊でない本は、やはりレビューをチェックした上で、近くの図書館で取り寄せてもらいます。これで、0円で読みたい本を読めます。amazonのレビューを読むこと自体は別に珍しくないとは思います。ですが、別のサイトを渡り歩く時間も勿体無いし、別のサイトのレビューだと嘘やステマの情報が書かれていることも多いと思います。ですので、敢えてamazonだけに絞って無駄に時間を使わないということも考え、この方法を取っています。

例外的に、出版社のサイトで目次は見ます。そこそこの本読みになると、目次を読むだけでもかなりのことがわかると思います。「質の良い本を沢山どんどん読みたい、でもお金がおっつかない」という方には良い方法かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)