欲張らないで「チリも積もれば山となる」作戦

毎月いっぺんにたくさんのお金を貯めようとすると負担がかかります。だから私は「少額を長期で」と考えてへそくりすることにしているのです。家計の管理は私がしているので、毎月給料日に生活費を引き出す際に5000円を「ヘソクリ分」としてプラスします。その5000円は封筒に入れ、下着を入れている引き出しの底にしまっておきます。この5000円は次の給料日に「へそくり口座」に入金しますが、1か月の間はとりあえず手元に置いておくのです。私の下着を入れている引き出しを開けるのは自分だけですから、誰にも見つかったことはありません。

小銭の貯金

この他に給料日には「その時にお財布にある小銭」をすべてキッチンの食器棚の上に置いてあるコーヒーの空き瓶に入れます。ただし、500円玉・100円玉は使うことも多いので除外するのです。家族みんなが目にするものですが、小銭であること・どのくらい貯まっているのかが目に見えることで案外「へそくり」という認識がないようです。しかもなぜか夫も「小銭が貯まると財布が重くなるから」と折々小銭を入れたりします。これはもちろん「私のヘソクリ」に変身します。この小銭は6か月ごとにやっぱりヘソクリ口座に入金するのです。1円から50円といった少額のコインですが、まとめると毎回2000円程度になっています。

もちろんそのためにコーヒー瓶は空っぽになります。でももともと小銭、しかも1円から50円玉ばかりですから案外誰も気にしません。例え「ヘソクリ口座に入れたよ」と宣言しても「よかったねえ」くらいで笑ってスルーされることになります。毎月の5000円を1年で最低でも6万円貯まります。小銭で年間4000円から5000円ちょっとのボーナスになるのです。

まだ始めてから3年ということで大きな金額が貯まっているわけではありませんが、家計に負担がかかることもなく・楽しみながら貯めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)