毎日の生活でこつこつ行うことが一番大切

節約で毎日行っていることがいくつかあります。水道水の節約です。食器洗いの時に桶に水をはり、そこに少し流した食器を洗剤と一緒につけておきます。そうすると、汚れが浮いてくるので軽く擦るだけで汚れもとれます。こすった食器を流す水もそんなに必要ないので水が節約できます。

洗い物をする手

次にトイレの節水です。トイレの水も小の方を使うようにします。よっぽどの場合は除いてですが、小の方でも十分な水が出るのできちんと流れます。流すついでにマジックリンもかけてしまえばトイレ掃除に流す水も水も節約できます。庭の花の水やりは、お風呂のお湯の残りを次の日に使えばお花の水はただのようなものです。ただし、お風呂のお湯は洗濯の時にも使うので使い道が沢山あります。

電器の節約も毎日出来ることです。こまめに電気を消すことも大切です。使っていないテレビや使わない時期のエアコンの電源を抜いておくと待機電力を防げます。また、あまりつけたり消したりといった繰り返しは逆によくないので、少しだけのためにつけるのはあまりよくないかもしれません。家族が何人もいれば、それぞれ別の部屋があると思いますが、テレビを同じチャンネルを観たいなら同じ部屋で同じテレビで観るのが良いでしょう。少しずつの積み重ねがこつこつとしたことが、節約に繋がります。これだけでも1年あたりで1万円くらいの節約になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)