節約レシピと500円玉貯金で乗りきります

給料日前などお金が少なくなってきた時には、定番の食材は「ささみ」。給料日前ではなくても普段から節約食材として優秀です。ささみで親子丼やオムライス、一番よくする節約料理はささみのフライです。
主人と2人ならささみ3~4本で十分です。160~200円ほどです。少しとっておけば、翌日のお弁当に入れることもできます。
ささみのフライはしょうゆ、にんにく(チューブでOK)で30分ほど味を染み込ませてから、小麦粉、卵、パン粉の順につけて多めの油で揚げ焼きにします。ささみのフライとお味噌汁、あればキャベツの千切りだけで晩ごはんのおかずは完成です。
親子丼もささみと卵、玉ねぎがあれば立派な晩ご飯に。オムライスにもささみを使います。お味噌汁やコンソメスープをつけるだけで節約晩ごはんの出来上がりです。
もう1つお昼ご飯にオススメの節約レシピは1玉30円ほどで買えるゆでうどんです。キャベツがあれば焼きうどんに。なくてもうどんだけでも十分です!どうしても必要な家賃や携帯料金などより、一番切り詰めやすいのが食費です。

それでも現金がどうしても足りない時は、マイペースで貯めている500円貯金の貯金箱から少し出します。ゆっくり続けていても500円貯金は溜まるのが早いし500円玉1枚でも1食分にはなるので、余裕があるうちに500円貯金をしていくことがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)