間接的に人を殺す詐欺師

建設業を営んでいるAさんは60代、子供たちは結婚してそれぞれの家庭を持ち、妻と2人で暮らしていました。

そんなAさんのもとに、以前、リフォームの仕事を請け負ったことがある不動産屋の関係者、ワタナベと名乗る男から連絡が入りました。ワタナベはAさんと同じく60代。

「実は、空きアパートがあるんだ。これを買い取って改築すれば、結構な家賃収入になる。700万円だから買い取らないか?」

建築業だけでは安心して生活できないと思っていたAさんは、ワタナベの口車に乗ってアパートを買い取る約束をして、即金で700万円を支払いました。ところが、ワタナベに教えられたアパートを実際に見てみると、改築などというレベルではなく取り壊して新築しないと入居者なんて集まらないようなボロアパート。しかも、空きではなく何人かの住人が住んでいました。

「どうなってるんだ!」とワタナベに詰め寄りますが、ワタナベからは「あぁ、立ち退きを要求すればいい。」と軽い返事。700万円の支払いに対してワタナベから渡されたのは『領収書』ではなく『出資金預り証』となっており、名目はワタナベの事業に出資したことになっていました。

Aさんが登記を調べると、ワタナベには何ら権限がない個人所有のアパートだと判明しました。Aさんは弁護士に依頼し、警察に告訴しましたが、ワタナベの逮捕を待たずに病死しました。

夏の暑い日、仕事から帰って風呂に入り、入浴中に脳卒中で倒れたのでした。Aさんの奥さんから聞いた話では、死の前日、Aさんが寝言で「よくも騙したな!」と叫んだそうです。よほど口惜しかったのでしょう。

警察の捜査で、ワタナベは同じ手口を使って他にも3件もの詐欺を働いていた生粋の詐欺師だと分かりました。過去の被害者は、3人ともワタナベに騙されて会社の支払いや生活に窮してしまい、全員が自殺していることも判明しました。

そのうちの1人は、ワタナベが名乗ったAさんとの繋がりがあった不動産屋の社長。その社長は、ガソリンを被って焼身自殺したそうです。

ワタナベは、詐欺で4人もの被害者を殺しました。直接ではないにしろ、ワタナベの詐欺に引っかからなければ、誰も死なずに済んだはずなのです。間接的に人を殺す詐欺師、こんなに非道な詐欺師は見たことも聞いたこともありません。

中古車購入のために月々最低4万円の貯金

去年から中古車を購入するべく貯金をはじめました。わたしは、ローンを組むのが昔から好きではなく、今まで全て現金で購入してきたので、今回も現金購入したく貯金をしています。新車を買うことは難しいので、中古車ですが、今よりずっと広くて綺麗な新しめの車を購入予定です。

新しい車は、子供がいるので話題のスライドドアの車がいいですし、燃費の良いものを考えています。そんなにスピードが速くなくても、高速に乗って不便を感じない程度であれば、家族で車で旅行も行けますし、スペースが広いと大きな買い物も何も考えずにできます。

もろもろの条件を考慮すると、中古車でも150万円程度は必要です。3年後には遅くとも購入したいので、月々最低でも4万円の貯金が必要です。旦那は車なんて乗れればなんだって良い。という考えの人ですし、全くといって良いほど車に乗らないので、普段車に乗ることが多いわたしが貯金をがんばっています。

まだ小さい子供がいて、今乗っている車は、15年ほど型落ちした軽四です。古い車ですので、色々困ったことがあります。まず、見た目からして古いしサビなどもあります。傷や落ちない汚れも沢山あります車体の色は白なので、傷よりも汚れがとても目立ち、見るたびに嫌な気持ちになります。

そして機能もやはり古くて、まず遅いです。もちろん、そんなにスピードを出して走ることはありませんが、普段乗っていてやはり遅いと感じます。この車では、高速に乗る気に全くなれません。内装も汚れやほつれなどが目立ち、とても気になります。そして、最近の軽四に比べると、とても狭いです。

子供をチャイルドシートに乗せるのですが、とても狭いので乗せるのも大変ですし、下ろすのも大変です。子供もなんだかとても狭そうにしています。チャイルドシートで後部座席のスペースをほとんど使ってしまうので、たくさんの荷物も積めず、大きな物の買い物やまとめ買いをすると乗らない時もありましたし。ちょっとお出かけする際の荷物を積むと、車内はもうパンパンになってしまいます。古い車なので燃費も悪く、ガソリンがみるみる減っていくように感じて無駄にお金がかかってしまっている気分になります。

子どもはみるみるすぐに大きくなりますし、その時でも全然不便を感じない程度の車が欲しいのです。我が家はそんな裕福ではなく、月々4万円の貯金は正直ゆるくはありません。しかし、いつまでも今の車に乗っているつもりはありませんし、今は一日も早く新しい車に乗って家族でお出かけすることを夢見て毎日節約し、毎月最低4万円の貯金を頑張っています。

家族全員で、節約の報告ゲーム!

私の家で、今ちょうど流行っているのが「節約ゲーム」です。例えば、こまめに水道を止めたり、エアコンの設定温度をあげたり…これらを「はい、やりなさい!」と命令しても、面倒くさがられるだけ。それなら、できることを楽しみながら習慣化した方が、節約の早道になると考えました。

例えば休日にご飯の材料の買い出しに行くなら、どの商品を買えば予定のメニューが安く作れるかをみんなで考え、予算内に収まるよう計算しながらワイワイ買い物を楽しみます。毎日の生活でも、今日はどこで安い自動販売機を見つけたよ、とか、エアコンがなくても涼しく過ごせるよう図書館で勉強してきたよ、とか、各自が自分のできることを考え、実践したことを報告しあい、それを家族で共有することによって、「節約できるキャパシティ」を少しずつ広げていくのがゲームの目的です。

節約によってたまったお金は、少しでもいいので家族に「見える形」で還元します。ご褒美は旅行など、家族全員での外出になることが多いですね。ゲームである以上、報酬があった方が楽しいですし、それによって、また節約を頑張ろうという気持ちにもなります。どうしても節約=我慢というイメージになりやすいですが、それを楽しくすることが、長続きの秘訣だと思っています。