3キロ以内の用件は自転車で行きます

3キロ以内の用件は自転車で行くようにしています。健康のためとガソリン代などの節約のためです。節約するにはやはり芯の通った考えを持たないと上手くいかないと思います。ご近所の方を見ていると、目と鼻の先のスーパーへ行くにも自動車で行く人が少なくありません。節約意識がないとしか思えません。しかしそうした人に限って寄付の依頼に回るとずいぶんケチなのです。私からすればお金の使い方を間違っているなと思ってしまいます。

自転車をこぐ足

お金を使うのは簡単ですが、経済性を常に念頭に置いて無駄な使い方をしないようにすべきだと思っています。私の主張の1つは、3キロ以内の用件は自転車で行くということです。毎日仕事や買い物で近所に出かけますが、ガソリン代が随分節約になっています。ガソリンは1か月に20リットル入れたら十分です。その分は自転車で走り回って無意識にもガソリン代を節約しているのです。

節約はわずかな出費を抑え、期間をかけたトータルでは大きな金額の削減につながるというものです。けちけちしたくないのが人情ですが、節約するという目的意識をもって毎日コツコツと頑張ることがとても大切なことだと思います。ここではガソリン代の節約を書きましたが、もっともっとできることは他にも沢山あります。

欲しい気持ちを抑え、まずは検索を!

誰しも物を買う時、少しでも安く購入したいと考えますよね。私が物を買う時、少しでも安く購入する為にしている事はネット検索です。そして、どのサイトを使うかと言いますとズバリAmazonと価格コムです。この二つの良い所は、実際にその商品を使用した人のレビュー(感想)が沢山見れる事と、その商品のネットの単価相場が把握出来る事にあります。

キーボードをたたく手

普通物を買う時はまずお店に行き、その商品がどのようなものか見て、欲しいと思ったときその価格について色々お店の人に聞いたり自分の頭の中で検討しだすと思います。私もそうです。しかし、このとき欲しい気持ちを少し我慢しお店で提示してある価格が果たしてその商品の相場の値段なのか、高すぎるのかむしろ安いのかと言った事を私は意識して考えるようにしています。そこですぐに使うサイトが先ほど述べた2つのサイトです。

その商品を良く知り、価格を把握し納得したらお店であろうとネットであろうと買いだと思います。本当に欲しい物と出会った時、人は自分では気付かぬ間に思考回路をコントロールできなくなるときがあります。いわゆる衝動買いです。買ってしまった後、あっちのお店の方が安かった、ネットの方が安いからあの時我慢しておけばよかったなど、一度は体験したことがあると思います。そうならない為にも、検索をし情報を把握する事を意識することが欲しい物を買う時の最良の方法だと思います。

ガス代を節約するちょっとしたポイント

主婦の方ならご飯を作る時に、大きな鍋で豚汁やスープといった汁物や、カレーやシチューやハヤシライスのメインや、筑前煮やモツ煮などの煮物を大量に作る事があると思います。これらの料理を作るだけでも量が多ければ多いほどかなりガスを使う事になります。作り置きをしている場合、いざ食べようとなると毎食鍋を火にかけなければなりません。温まるまで時間がかかる上にガス代がまたここでかかってしまいます。

電子レンジのドアを開ける手

そこで私は食べる分だけお皿に盛り、ラップをかけてレンジにかけて温めるようにしています。5分以上ガスをつけているよりも、レンジで1、2分で温めた方が節約になるからです。この方法を夫にも実践してもらいたいと思い伝える内容を考えました。夫の性格が人から指図を受けその通りに行動することを嫌い、効率よく動く後の事を考えて行動するタイプ。

なので、ガス代もったいないからレンジで温めてよ。と指示をする言い方は夫の意に反する可能性がある為、「ガスを使って5分以上も鍋をかき混ぜながらひたすら温めているよりも、ラップして2分レンジで温めるだけで楽だよ。その間ビールを飲んで待っていられるよ。細かい事だけどこれでガス代が◯円浮く事になるんだよ。」のように、夫がこの行動をとる事によっていかに効率が良いか、重ねて節約にもつながっている内容を伝えます。決してマイナス行動ではないんだよという感じで伝えると、夫も意味を理解してくれるし悪い気を感じずに行動してくれるようになります。

ビーチサンダルだからといって侮るな!

20代前半グアムに旅行へ行った際の最終日の事。たくさんの洋服や、アクセサリー、バッグを買うつもりで行ったのですがなかなか気に入ったものがなく思ったより欲しいものもなく、本当に何も買ってなかったのでとりあえず旅行に行ったので何か買いたい!という気持ちが先走り高級ブランドを見に行きました。財布やキーケース、バッグ等物色。その中でなぜかハイブランドのビーチサンダルをおしゃれに感じPRADAでビーチサンダルを試着。

ビーチサンダルと貝殻

私にとってブランドの靴は憧れであり脱いだときに見えるさりげない『PRADA』がいい感じ。また、大人の一歩のような気分で嬉しくて舞い上がり、足を通すだけで『よし!他の物を買ってないしいいや!』『ヒールもないしいつでも履けるさ!』の気持ちで購入!ここから私の悲劇が始まりました。

購入後はいてみると足が痛くなり、日本ではいても足に豆ができてしまいました。ゴミだしの距離でも豆ががつぶれて傷になり、歳のせいなのかなかなか傷も治らず本当に後悔しました。まだ誰にもお披露目できていない状態。脱いだときに見えるさりげない『PRADA』もいつも見えた状態。想像を遥かに越えていた大人の靴でした。

捨てるのも勿体無くて、下駄箱で今でも眠っています。衝動買いの失敗談です。

財布を整理したら、お金が入るように!!

お金がほしい、お金をためたい、頑張って節約しているのに全然出費が減らない、そんな悩みは家計を預かる主婦も、お小遣い制のパパさんも、バイト代をやりくりしている一人暮らしの学生さんも、皆が悩むことだと思います。ああ、お金の成る木がないかなあ、と私も漠然と節約し、何となく貯金しながら、あくせく働く生活をしています。

数枚のポイントカード

ですが、この間、ちょっと思い立って、気づいたことから変えてみることにしました。そしたら、気分が充実しているのか、やっている自分への自己満足と意地か、出費は減りました。すると、次々と臨時収入は入るわ、臨時ボーナス入るわ、なんか、金運上がった?と思えるような出来事が重なりました。

その方法は、ただ、お財布を整理することでした。最初は、新しいお財布を買ったことがきっかけでした。古いお財布から新しいお財布に変えるときに、詰め替える中身を吟味しますよね。そこで、思いきって使い方を変えてみることにしたのです。

何となく持っているポイントカードは捨てました。クーポン券もです。クーポンは確かにお得ですが、クーポン使うために買い物する、みたいな些細な積み重ねが節約のようでいて無駄な出費かもしれなかったのです。ポイントカードは色々リンクする大手のカードのみにしました。クリーニング屋の会員証や、病院の診察券などは他のカードいれにまとめておきます。使うときに出せばいいのです。それで、カード類はスッキリしました。

次は、すぐにたまるレシートです。レシートを直ぐに捨てる人もいますが、それでは出費を管理できないので、レシートをもらったら、その日かその週のうちに家計簿アプリに登録します。ゲームつきなど色々あるので、楽しくて手軽なものを選びます。すると、入力しているうちに出費が見えますね。そこで、ちょっと意識が変わるんです。そしてお金が減らない生活をしているうちに、給料日前に余裕が生まれて、そこで、ちょっと贅沢しようとなって、気持ちも満足。

そんなお財布を見直すだけでハッピーな毎日を過ごしていたら、金運も上がってお金が入ってきた気がします。これからも継続して頑張ります。

人生最大の危機 X 人生最大の幸福

これは大学時代の話ですが、理系大学に通っていた4年生の時です。就職活動も終えて、後は卒業研究と残った少しの単位を取って卒業という、大学生活をもっとも楽しむ時期に当時付き合っていた女の子と子供が出来て、考え抜いた結果、そのまま結婚をすることになりました。

赤ちゃんのスタイ

大学生の身分である私は就職までの少しの間、出産費用に少しでも、と貯金をはじめました。ところが冬のある日、見馴れぬ書類が自宅へ届きました。それはA4サイズの封書で簡易書留でした。なんと裁判所からの通知。いったい何が起きたのかと心臓が破裂しそうなほどドキドキしながら中身を確認したところ、やはり心臓は破裂しました、、、

元彼女が精神的にまいってしまったらしく、そうなったのは私が原因だという内容の民事訴訟でした。訴訟については正々堂々と言い分を伝えるために対応し、卒業、結婚、裁判のトリプルパンチで目まぐるしい日々を過ごしていたところ、そんな毎日でしたので最後の試験で必須科目を落とすという大ピンチに。

再試に受からなければ卒業出来ず留年確定、今後の人生を考えてもそれだけはなんとしても避けなければいけなかったため掛け持ちしていたバイトもすべて辞め、裁判も示談という形でそうそうに切り上げ、全精力をテスト勉強に注ぎ込むことにした私は、なんとか試験には合格する事は出来ましたが、裁判費用、示談金に出産費用と相当額の借金をすることになりました。また大学の学費も基本的には奨学金で賄ってきたため、4月には結婚し就職し新たなスタートを切ったと同時に大きな借金を背負ってスタートを切ることになりました。

就職した先がなかなかのブラック企業で残業天国状態であったため、とにかくひたすら残業しました。幸いにも残業代は満額付くので、来る日も来る日も残業をし、アベレージ100時間/月という残業を3年ほど続けた結果、ようやく希望の光、借金完済の目途が立ちました。借金するのは簡単でした、返すのは死ぬ思いでひたすら働きました。人間地道にやらなければなりません、足元救われないように、前をしっかり見据えて日々を大切にしていきましょう。

意外とバレない!ヘソクリの隠し場所

よくヘソクリされる方は誰にも目につかれないようなところに隠したりしますよね。そこで何点かオススメの隠し場所をピックアップします。

まず1つは靴の中です。靴箱の中の自分の靴で履かない古いものを置いておきます。そこで靴の中に入れておけば他の人が靴を触ることもないのでバレることはなかなかありません。しかし靴の中なので量が限界があるので大量のヘソクリと言うよりはサブの隠し場所としてオススメします。

カラフルな靴

次に隠し場所テレビの裏の配線が繋がっている場所。テレビの裏は配線でごちゃごちゃしていてそこをあえて触る人もいません。それにいつも見ているテレビの裏にあるなんて想像もつかないでしょう。テレビの裏の空間なので沢山のヘソクリができます。しかしテレビに何か配線を日頃から触るような方がおられる場合はオススメできません。

次にオススメの場所は、調味料などを置く場所。主婦の方にしか触らない場所といえば調味料を入れる場所ですよね。そこなら旦那さんが触ることもないですし他の機材などの箱があればそこに隠して置くのも1つの方法ですね。誰かが触ってもバレないように隠す場合は意外と日頃目につくところは特にバレないので一度お家の中を確かめて見てください

自転車入手と家族用の車買い替えに貯金

私は現在自転車の入手と家族用の車の買い替えのために貯金しています。まず自転車ですが予算が5~15万のものを入手しようと考えています。最近弱虫ペダルというアニメに影響されて、妙に自転車が欲しくなってしまいました。現在わが家に自転車はないのですが仕事以外の日は車でなく自転車で移動すればガソリンを消費することもありませんし、運動になって健康によいかなと思っています。

自転車

家の近くに競輪場があってスピードのあるロードバイクでの練習がそこでできるのではまってしまい、ロードバイクの購入を検討していますがロードバイクだと盗難等が心配です。普段でも利用できるママチャリとかのほうがいいのかなと悩んでいます。初心者用のロードバイクでもママチャリの2倍の値段がし最低10万程度は必要です。最近は自転車が欲しいから、他者が乗っている自転車を観て検討しています。

次に家族用の車ですが現在利用しているものが2~3年後には老朽化してくるので入れ替える必要があります。車の予算は100~150万。現在毎月5万円貯金しています。車はローンで購入したくないので一回で支払える費用を入手するまで貯めようと考えています。自転車は2~3か月貯めたら購入できそうですが、車は2~3年貯めた上で購入したいです。

おみくじで大吉がでたその年の事

「おみくじって本当に当たるんだ!」という経験をしました!去年の年始め、神社で参拝した後、おみくじを買い見てみると・・・八番大吉!人生初なのでとっても嬉しかったです!!そして金運にはこう書いておりました…。「西の方角に金運あり」と…何で西?と思いましたが、この年東の方にいくと、スマホを落とし、財布は落とし、パチスロでお金を落とし、東に遠距離恋愛していた女の子にも浮気されもう最悪でした…。

大吉のおみくじ

しかし西の方へ向かうとあり得ないことが!財布を道端で拾うとすぐ交番に届けました。するとお礼として謝礼をもらったり、ギャンブルではパチスロで勝ちまくり、もう西最高!と思えるくらい金運がアップしました(西限定)今年になってからは西に行ってもあまりいいこともありませんでした。

私がこの体験で感じたものは確かに東にいくと凄く空気が重いんです。体も重たくなり、気持ちもあまり上がらない事も多かったです。しかし西にいくとあら不思議!?体が軽い軽い!!空気もいいし気持ちも軽やかでした!!やっぱりおみくじの書かれている事って信じるべきなんですね♪あれからおみくじを引く時は前よりも真剣に引くようになりました。皆さんもぜひおみくじを信じてみては?

欲張らないで「チリも積もれば山となる」作戦

毎月いっぺんにたくさんのお金を貯めようとすると負担がかかります。だから私は「少額を長期で」と考えてへそくりすることにしているのです。家計の管理は私がしているので、毎月給料日に生活費を引き出す際に5000円を「ヘソクリ分」としてプラスします。その5000円は封筒に入れ、下着を入れている引き出しの底にしまっておきます。この5000円は次の給料日に「へそくり口座」に入金しますが、1か月の間はとりあえず手元に置いておくのです。私の下着を入れている引き出しを開けるのは自分だけですから、誰にも見つかったことはありません。

小銭の貯金

この他に給料日には「その時にお財布にある小銭」をすべてキッチンの食器棚の上に置いてあるコーヒーの空き瓶に入れます。ただし、500円玉・100円玉は使うことも多いので除外するのです。家族みんなが目にするものですが、小銭であること・どのくらい貯まっているのかが目に見えることで案外「へそくり」という認識がないようです。しかもなぜか夫も「小銭が貯まると財布が重くなるから」と折々小銭を入れたりします。これはもちろん「私のヘソクリ」に変身します。この小銭は6か月ごとにやっぱりヘソクリ口座に入金するのです。1円から50円といった少額のコインですが、まとめると毎回2000円程度になっています。

もちろんそのためにコーヒー瓶は空っぽになります。でももともと小銭、しかも1円から50円玉ばかりですから案外誰も気にしません。例え「ヘソクリ口座に入れたよ」と宣言しても「よかったねえ」くらいで笑ってスルーされることになります。毎月の5000円を1年で最低でも6万円貯まります。小銭で年間4000円から5000円ちょっとのボーナスになるのです。

まだ始めてから3年ということで大きな金額が貯まっているわけではありませんが、家計に負担がかかることもなく・楽しみながら貯めています。